奥村 燐

奥村 燐

青の祓魔師(漫画)の主人公。読みは「おくむら りん」。奥村 雪男とは親族関係にある。

登場作品
青の祓魔師(漫画)
正式名称
奥村 燐
ふりがな
おくむら りん
関連商品
Amazon 楽天

概要

人間の母と魔神・青焔魔(サタン)の間に生れた子ども。覚醒後は黒く長い悪魔の尻尾と尖った耳、鋭い牙などの悪魔の特徴が表れる。素行不良で喧嘩っ早いが、根は優しく情に厚い。サタンによって殺された育ての親である藤本獅朗の仇を討つため、祓魔師を志し名門私立正十字学園に設けられた祓魔師養成機関祓魔塾に通う。

当初はサタンの息子であることを隠していたが、悪魔の奇襲から仲間を守るためサタンの力である青い炎を発し、その正体を明かす。同じ祓魔塾生である杜山しえみに淡い恋心を抱いているが、彼女が弟の奥村雪男を気にかけていることに気付く。

関連人物・キャラクター

杜山 しえみ

祓魔師養成機関の祓魔塾に通う塾生で、奥村雪男が通っている祓魔師御用達の用品店の一人娘。手騎士(テイマー)の素質を持ち、使い魔・緑男(グリーンマン)の幼生を使役している。祓魔師を目指す理由を見つけられず... 関連ページ:杜山 しえみ

奥村 雪男

奥村燐の双子の弟。眼鏡を着用しており、左目下と口元にほくろがある。悪魔のことを知らなかった奥村燐と違い、出生時に兄から魔障を受け、悪魔の姿が見えていた。当初は悪魔の存在に怯えていたが、13歳の時に史上... 関連ページ:奥村 雪男

関連キーワード

倶利伽羅

『青の祓魔師』で主人公・奥村燐が使う魔剣。悪魔を憑依させて使う剣・降魔剣の一種で、倶利伽羅には正十字騎士團の日本支部長であるメフィスト・フェレスによって奥村燐の炎が封印されている。刀を抜けば奥村燐は青い炎をまとった悪魔の状態になる。

正十字学園

主人公・奥村燐たちが通う名門私立校。東京の正十字学園町にあり、敷地内のどこかに祓魔師養成機関の祓魔塾も存在する。学園理事長のメフィスト・フェレスの力によって、中級以上の悪魔の出入りを防ぐ結界が張られている。学園の地下には正十字騎士團日本支部の基地が所在する。

祓魔塾

『青の祓魔師』で、主人公・奥村燐たちが通う祓魔師の養成機関。正十字学園の内部にあり、塾生たちは学園に通いながら放課後になると祓魔塾へと向かう。授業科目は悪魔薬学、悪魔学、体育・実技などさまざま。奥村雪男は悪魔薬学を担当している。

登場作品

青の祓魔師

悪魔と人間の間に生まれた奥村燐を中心に、祓魔師と悪魔との戦いを描く加藤和恵の代表作。 関連ページ:青の祓魔師

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
杜山 しえみ
奥村 雪男
サタン
logo