奥野 まち子

雄飛(漫画)の登場人物。読みは「おくの まちこ」。奥野 剛士とは親族関係にある。

  • 奥野 まち子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
雄飛(漫画)
正式名称
奥野 まち子
ふりがな
おくの まちこ

総合スレッド

奥野 まち子(雄飛)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

浮浪児となっていた大垣雄飛を育てていた女性。奥野剛士という弟がおり、弟を養うためにパンパンをしていた。パンパンを辞めた後は、日の出屋という定食屋で働き始め、近所に住んでいた寿司屋の岡田正行と結婚する。雄飛のことは家族同然に育てており、大垣から雄飛を養子に欲しいと言われた時も最初は断っていた。

しかし、雄飛の将来を考えて、大垣雄飛を任せる。

登場人物・キャラクター

昭和15年に満州で生まれる。6歳で満州から引き揚げる際に母・柴田とよと姉・柴田百合を日本人の男に殺され、男への復讐を誓う。親類の家に預けられるが、そこで下男同然に扱われたため脱走、浮浪児となる。その後...
奥野まち子の弟で、大垣雄飛と同い年。頭が弱く、姉がパンパンであることをバカにされて、よく近所の子供達からいじめられている。親戚の家を飛び出して浮浪児になっていた雄飛に、いじめられているところを助けても...
奥野まち子の勤める定食屋の近所にある寿司屋で働く若者。趣味でボクシングを習っており11歳だった大垣雄飛にボクシングの手ほどきをする。やくざたちにさらわれたまち子を助けるために、雄飛と共にやくざの事務所...

登場作品

大垣雄飛は、満州で生まれ育ったが、引き揚げの際、日本人の男に母と姉を殺され、その恨みをいつか晴らそうと心に誓っていた。成長した雄飛は紆余曲折を経てプロボクサーへの道を歩み始めるが、とあるボクシングジム...