女三の宮

女三の宮

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「おんなさんのみや」。薫とは親族関係にある。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
女三の宮
ふりがな
おんなさんのみや
関連商品
Amazon 楽天

概要

光源氏の腹違いの兄である朱雀帝の娘。光源氏とは親子ほど年が離れているが、女三の宮の将来を憂う朱雀帝からのたっての願いとして、光源氏と結婚することとなる。過保護に育てられたこともあり、よく言えば素直、悪く言えば主体性がなく、自分の好みや主張がほとんどない。

機転の良さや教養もさほどなく、藤壺の宮の姪という関係から理想の女性を期待していた光源氏を失望させた。その後、光源氏へ降嫁する前から女三の宮を思慕していた柏木から強引に迫られ、拒みきれずに逢瀬を重ねる。その結果、不義の子・を産む。出産後、柏木と密通してしまった背徳感と、柏木との関係を知った光源氏からの無言の軽蔑に耐えきれず、出家する道を選ぶ。

関連人物・キャラクター

光源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様... 関連ページ:光源氏

表向きは光源氏の息子ということになっているが、実は柏木の息子。母は女三の宮。生まれながらにして芳しい香りをまとっていることから「薫」と呼ばれる。幼い頃に自分が光源氏の本当の子ではないと知り、そのため自... 関連ページ:

登場作品

あさきゆめみし

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人... 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo