女将

女将

旧約Marchen(漫画)の作品登場人物。読みは「おかみ」。別称、クソババア。

登場作品
旧約Marchen(漫画)
正式名称
女将
ふりがな
おかみ
別称
クソババア
関連商品
Amazon 楽天

概要

エピソード「黒き女将の宿」に登場する。ランダを女中として買った、黒狐亭女将。年齢、性別が不詳で、出会えば不祥と称される人物。自身を「薹(とう)が立って久しいクソババア」と称しており、化粧が濃い。愛した男性は全員死亡しており、それぞれミュンファーは気高く、フッテンは可憐で、ジッキンゲンは誰よりも激しかったと回想している。

来客時に食材(肝臓)を切らしており、その際、急場しのぎで絞首台の死体から肝臓を抜き取ってきた。その味の評判がよかった事から、それ以降は絞首台の死体を食材として使用するようになった。ランダに犯行現場を見られても動じず、「ぶら下がっていても腐るだけ」と開き直っており、ランダと二人で生きていくために必要な事と説得し、仲間に引き入れた。

しかし明らかに裕福な客が来店した際、食材を求めて訪れた絞首台に死体がない事に動転し、「死体がないなら作ればいい」と語ってランダを殺害し、肝臓を抜き取った。復讐された罪は「強欲」。多くの場合「女将」と呼ばれているが、時折「クソババア」と呼ばれている。

登場作品

旧約Marchen

幻想楽団Sound Horizonの7thStoryCD『Märchen』の楽曲を、ソガシイナの解釈に沿ってコミカライズしたオムニバス作品。すべての作品が童話をモチーフとしており、記憶をなくしたメルが... 関連ページ:旧約Marchen

SHARE
EC
Amazon
logo