女 蛮子

手天童子(漫画)の登場人物。読みは「すけ ばんじ」。別称、スケバン。

  • 女 蛮子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
手天童子(漫画)
正式名称
女 蛮子
ふりがな
すけ ばんじ
別称
スケバン

総合スレッド

女 蛮子(手天童子)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

長期宇宙航海における心理テストの研究対象として宇宙船アルファードに乗りこんでいる少年のひとり。アルファードに迎え入れられた手天童子郎と仲良くなる。アルファードが地球へ帰還した直後、子郎を狙ったアイアンカイザーの攻撃に巻き込まれて死亡する。なお、キャラクターデザインは永井豪によるギャグ漫画『おいら女蛮』の主人公・女蛮子のものが流用されている。

登場人物・キャラクター

物語冒頭、巨大な鬼・戦鬼と共に、赤子の姿でこの世界に出現、芝竜一郎・芝京子夫妻の養子となり、手天童子郎と名付けられる。成長した子郎は、文武に優れ眉目秀麗な少年となるが、その額には2本の角が生え、超人的...

関連キーワード

『手天童子』に登場する宇宙船。西暦2100年、太陽系外宇宙調査のために地球から旅立った全長500mの宇宙船。大推力プラズマ核融合エンジンにより初期加速を行い、イオンロケットエンジンによって恒常加速力を...

登場作品

巨大な鬼によってこの世界の夫婦に預けられた赤子手天童子郎。少年へと成長した彼は、鬼に関わる奇怪な敵たちに襲われる。子郎を護る2体の鬼・戦鬼と護鬼の力を借りて、敵を退ける子郎。だが、戦いが終わると同時に...