妖怪大王

妖怪大王

悟空の大冒険(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ようかいだいおう」。

登場作品
悟空の大冒険(テレビアニメ)
正式名称
妖怪大王
ふりがな
ようかいだいおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

邪悪の象徴「妖怪連合」の統制者。妖怪大王は、この世を悪で覆い闇の世界にしようと企んでした。しかし、三蔵法師が天竺に着けばお釈迦様の力で「妖怪連合」が滅ぼされてしまうと危惧し、三蔵を捕まえ処刑しようと考える。

そこで、これまで悟空に倒された6体の妖怪の体を合体させて大妖怪を作り、刺客として送り込んだ。最終的に、お釈迦様の力により妖怪大王もろとも「妖怪連合」は滅ぼされた。

登場作品

悟空の大冒険

石から生まれた猿の孫悟空は、天上界の方々も手を焼くほどの乱暴者。あまりの傍若無人さにお釈迦様は悟空を五行山の岩の中に閉じ込てしまった。悟空の手下がみんなでかかっても割ることのできない五行山の岩だったが... 関連ページ:悟空の大冒険

SHARE
EC
Amazon
logo