概要

美琴を元に作成された体細胞クーロン達の総称。元々は筋ジストロフィーの治療の名目で提供された美琴のDNAマップを利用し、強力な能力者を量産するための計画が進められていた。だが樹形図の設計者の予測より美琴本人のスペックに遠く及ばない性能しか出せないことが判明し、計画は凍結。

一方通行をレベル6にするための絶対能力進化計画に転用されることになる。受精卵から約14日で美琴とほぼ同様の身体へと成長し、学習装置により活動可能な人格を植え付けていくという手法で生産が行われており、一人当たりの単価は約18万円。個体同士はそれぞれの脳波をリンクさせた「ミサカネットワーク」と呼ばれる通信網によって繋がっており、視覚や思考などの情報を随時共有することが可能になっている。

登場作品

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲

学園都市を舞台に、超能力をもつ主人公御坂美琴が同年代の少年少女達と交流を深めつつ、事件を解決しながら成長していく姿を描くSFバトル漫画。『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品であり、美琴の視点から、... 関連ページ:とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲

SHARE
EC
Amazon
logo