姉妹

姉妹

マリア様がみてる ~春~(テレビアニメ)に登場する「私立リリアン女学園」の高等部特有の制度。読みは「すーる」。

登場作品
マリア様がみてる ~春~(テレビアニメ)
正式名称
姉妹
ふりがな
すーる
関連商品
Amazon 楽天

概要

清く正しい学園生活を受け継ぐため、上級生が下級生を指導する(躾ける)ためのもの。上級生からロザリオを渡し、下級生がそれを受け取ることで成立し、これを「姉妹の契りを交わす」と表現する。

上級生の側を「姉(グラン・スール)」または「お姉さま」、下級生の側を「妹(プティ・スール)」と呼ぶ。二人が連続した学年である必要は無く、3年生と1年生の「姉妹」も存在する。

一人の上級生に対して「妹」になれる下級生は一人きりであるため、契りを交わした二人は親しい間柄だと周囲から認識される。3年生が「妹の妹」である1年生に対して、自身を「おばあちゃん」と呼称する場合もある。

登場作品

マリア様がみてる ~春~

「私立リリアン女学園」高等部1年生の福沢祐巳は、「姉妹」である「紅薔薇のつぼみ」こと小笠原祥子が所属する、生徒会「山百合会」を手伝いながら学園生活を送っていた。やがて薔薇さまたちも卒業し、進級した翔子... 関連ページ:マリア様がみてる ~春~

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
マリア様がみてる ~春~
logo