姜子昌

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「きょうししょう」。飛竜とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
姜子昌
ふりがな
きょうししょう

総合スレッド

姜子昌(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

若い頃から練国の麒麟児として、その才覚を嘱望されていた名将。比紀弾正率いる五丈国軍が南天に侵攻した際、南天連合として迎撃に参加することを強く諌めたことから、練国の国主・羅鶴に疎まれ、謹慎処分に処されていた。だが、その戦で羅鶴が戦死し、幼い頃からの友人だった羅候が跡目を継いだことにより軍務に復帰。

練国の大都督(大将軍)として、その辣腕を発揮し、五丈国大覚屋師真智国飛竜らと渡り合っていくことに。飛竜とはかつて同じ学舎で学んだ旧知の仲だが、異なる主君を仰いだことから好敵手となった。

登場人物・キャラクター

智国の軍人で、独眼竜正宗の親衛隊長を務める女性。独眼竜正宗にとっては、全幅の信頼をおく知恵袋でもある。常に主の側にあって的確な助言で補佐し、独眼竜正宗の叔父・丁儀の造反についても看破していた。しかしそ...
南天の小国・練国の太子で、比紀弾正の南征で父・羅鶴が戦死したことから、若くして練国の国主となる。血の気が多く、直情径行な性格ゆえに当初は独眼竜正宗に手玉に取られ、智国の事実上の属国としての地位に甘んじ...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。南天に位置し、首都星は益州都(後に大王理と改名された)。南天のなかでも辺境に位置し、神聖銀河帝国の領域外の異民族国家・南蛮王国と関わりが深く、羅候をはじめ王族も獣...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...