孔雀

聖伝-RG VEDA-(漫画)の登場人物。読みは「くじゃく」。

  • 孔雀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖伝-RG VEDA-(漫画)
正式名称
孔雀
ふりがな
くじゃく

総合スレッド

孔雀(聖伝-RG VEDA-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

魔族の証しとされる紫の瞳を持つ旅人で、天界人しかは入れない夜叉族の結界内に現れ阿修羅夜叉王に出会う。夜叉王しか知らないはずの、九曜が行った星見の内容を知っていた謎の人物で、阿修羅夜叉王の行く先々に現れて助言をする。飄々とした性格で軽口を叩くことも多く、自身のことを「旅芸人」、「遊び人の孔さん(くうさん)」などと言ったりする。

登場人物・キャラクター

300年前に滅ぼされた守護闘神「阿修羅一族」最後の生き残りで、黄金の瞳と尖った耳を持つ阿修羅王の子。森の奥で脈打つ大木の中に赤子の姿で封印されていたが、夜叉王により封印が解かれた後、急速に成長する。無...

関連キーワード

『聖伝-RG VEDA-』の舞台である、神々の暮らす世界。帝釈天と毘沙門天を筆頭とする四天王によって恐怖政治が敷かれており、先帝に仕えていた神々も300年の長きに渡って忍従を強いられている。

登場作品

先帝を殺害し天界の支配者となった帝釈天の暴虐な治世が続く中、夜叉王は300年前帝釈天によって滅ぼされた阿修羅一族の遺児阿修羅を封印から解き放つ。夜叉王を反逆者と見なした帝釈天によって夜叉一族も滅ぼされ...