孕石 雪千代

孕石 雪千代

シグルイ(漫画)の登場人物。読みは「はらみいし ゆきちよ」。孕石 備前守とは親族関係にある。

登場作品
シグルイ(漫画)
正式名称
孕石 雪千代
ふりがな
はらみいし ゆきちよ
関連商品
Amazon 楽天

概要

孕石備前守の息子。江戸で遊学を行っていたが、藤木源之助を見せようとした孕石備前守によって呼び戻され、「仇討ち試合」を見届ける。色好みで知られる遊び人だが、江戸では次郎右衛門忠常の道場に通い、三年目にして異例の免許皆伝を受けるほどの剣の腕を持つ。「仇討ち試合」の責任をとって切腹した備前守の介錯を務めるが、藤木が生き残っていることを不服に思い、密かに藤木に決闘を挑む。

しかし敗北し、藤木の力量に感服しながら死亡する。

関連人物・キャラクター

孕石 備前守

掛川藩家老。藤木源之助の力量と、武士としての姿勢を高く評価しており、藤木の伊良子清玄に対する「仇討ち試合」を申し入れ、試合を見届ける。藤木が敗北し、牛股権左衛門が孕石家中の者を巻き込んで大量殺戮を行ったため、生き残った藤木たちがその責任を問われぬよう、嘆願書を残した上で切腹する。

登場作品

シグルイ

江戸時代初期の駿府国を舞台に、藤木源之助と伊良子清玄の死闘と確執を描く。山口貴由の代表作。原作は南條範夫の時代劇小説『駿府城御前試合』で、その中の「無明逆流れ」のエピソードを中心に描かれている。 関連ページ:シグルイ

SHARE
EC
Amazon
logo