• 地獄小僧 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 字吾久 城

字吾久 城

字吾久 城

地獄小僧(漫画)、円間羅雪の祖父が明治時代に建てた城。読みは「じごく じょう」。

登場作品
地獄小僧(漫画)
正式名称
字吾久 城
ふりがな
じごく じょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

字吾久病院の近くの高台に建っており、広大な敷地と大勢の使用人を有している。地下には地獄小僧を幽閉していた座敷牢があり、天守閣には円間羅雪の実験室がある。

登場作品

地獄小僧

主人公の円間大雄は、ある日突然事故で死んでしまう。息子の死を悼む両親は、大雄を生き返らせるべく、とある乞食の提案した闇の儀式で息子を復活させる。しかし、復活した大雄はほとんど腐乱死体同然の姿で、人を襲... 関連ページ:地獄小僧

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo