孫・Rui

孫・Rui

のだめカンタービレ(漫画)の作品登場人物。読みは「そんるい」。

登場作品
のだめカンタービレ(漫画)
正式名称
孫・Rui
ふりがな
そんるい
関連商品
Amazon 楽天

概要

米国育ちの中国人ピアニスト。父はNYジャズのクラリネット奏者。母はマネージャー。リストの超絶技巧練習曲などの難曲を弾きこなし、10歳の頃から演奏活動で世界中を回っている。人に頼みごとをするのが上手で、周囲を振り回すこともある。ショッピングが大好きで、部屋はのだめに負けず汚い。

演奏活動に嫌気が差して、母親に反発してコンセルヴァトワールに留学し、のだめの技術に触発され、千秋真一とのラヴェルのピアノ協奏曲で再び演奏活動を再開するが、同時に失恋を体験する。前述の超絶技巧や活動歴、そしてのだめの最大の目標である千秋との共演をした事で、Rui本人の意図とは別に、彼女の存在はのだめの障壁となり、彼女に幾度も焦燥感を植え付けた。

関連キーワード

コンセルヴァトワール

のだめが留学することになるパリの国立高等音楽院。エリート達が通い、正解中から留学してくる。ここでのだめは様々な人々と出会い、成長していく。 関連ページ:コンセルヴァトワール

登場作品

のだめカンタービレ

世界観前半は日本の桃ヶ丘音楽大学、後半はフランスをおもな舞台とした作品。作中では時間が経過し、登場人物たちも大学生から社会人へと変遷していく。なお、タイトルにある「カンタービレ」とは、「歌うように・表... 関連ページ:のだめカンタービレ

SHARE
EC
Amazon
logo