宇宙帝国EHS

宇宙帝国EHS

家畜人ヤプー(漫画)の用語。

登場作品
家畜人ヤプー(漫画)
正式名称
宇宙帝国EHS
ふりがな
うちゅていこくいーす
関連商品
Amazon 楽天

概要

The Empire of Hundred Sunsの略称。The British Universal Empireとも。1977年に出発したイギリスの光速宇宙船「栄光号」は、アルファ・ケンタウリ星圏に人類が居住可能な遊星テラ・ノヴァを発見。1987年に地球に帰還したが、1978年に勃発した第3次世界大戦における共産圏への熾烈な核攻撃と、白人にとって致命的な細菌兵器により、地球は壊滅的な状況だった。

帰還した船長たちにより、女王と選りすぐりの1000人の白人が宇宙へ移住。この千人の末裔が、現在の大貴族となっている。3年後に10万人が宇宙へ旅立ち、1993年にテラ・ノヴァのトライゴンでテラ・ノヴァ女王国が誕生した。

さらに移住を進めようと光速宇宙船船団が地球に戻ると、世界は黒人が支配していた。宇宙船乗組員の最新兵器により黒人は蹂躙され、黒人20万人が奴隷として宇宙に運び出された。一方、日本人は共産圏ではないため全滅は免れていたが、放射能汚染のため国土を捨てて黒人の奴隷として生き延びていた。

そんな日本人の存在を知った当時の司令部により、独立国「邪蛮」が設立された。現在は事実上ヤプーの繁殖地となっている。その後、EHSと改称し、1600年ほど前にシリウス圏第八遊星カルーのアベルデーンに首都が移された。現在は数百の遊星領を持ち、大貴族1000家族とその10倍の小貴族がその10万倍の平民を統治し、これら白人の100倍の黒奴と、黒奴の数百万倍のヤプーがいる。

標準語は英語。ただ、ヤプーに対する命令用として日本語が残っている。

登場作品

家畜人ヤプー

日本人青年留学生の麟一郎とドイツ人女性クララのカップルが、事故により極端な差別社会が形成された未来世界へ招待されることからはじまる物語。 関連ページ:家畜人ヤプー

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
家畜人ヤプー
logo