宇田川 志乃

宇田川 志乃

サムライうさぎ(漫画)の登場人物。読みは「うだがわ しの」。摂津 正雪、宇田川 伍助とは親族関係にある。

登場作品
サムライうさぎ(漫画)
正式名称
宇田川 志乃
ふりがな
うだがわ しの
関連商品
Amazon 楽天

概要

15歳。宇田川伍助の元に、兄の摂津正雪の紹介で嫁いできた妻。伍助のことは「ごっちん」と呼んでおり、まだまだ幼い一面を見せる。家事は一流の腕前で、特に料理は美味しいと評判。武家の妻女として強くあろうと、伍助が剣術に勤しむ間も努力しつづけている。うさぎが好きで、うさぎのお面を作る内職で生計を立てている。

かつて幕府と密接な関係がある講武館の一人を夫としていた。しかしそれは相手の見栄のための結婚で、常に殺されそうになっていた。これがトラウマが残っており、離縁。伍助と結婚してからも、時々夜に泣いており、伍助が彼女を守らんとする力の源になっている。

関連人物・キャラクター

摂津 正雪

22歳で、宇田川志乃の兄。宇田川伍助にとっても兄貴分のようなところがあり、門下生の少ない「うさぎ道場」に残ることになる。チャラチャラした性格と、この時代においては最先端をいくイケメンで、常にモテており... 関連ページ:摂津 正雪

宇田川 伍助

15歳。父と兄が理不尽な上級武士の命令によって切腹させられたため、宇田川家の当主となる。摂津正雪の紹介により宇田川志乃と結婚することになるも、最初はどうすればいいかわからずうまく夫婦生活を送れないでい... 関連ページ:宇田川 伍助

関連キーワード

講武館

『サムライうさぎ』に登場する道場。江戸幕府とつながりの強い巨大道場で、師範は清木清左衛門。厳しい武士道理念、「武士道といふは死ぬ事と見つけたり」を掲げている。「巡回」と称して、武家のものが恥ずべき好意を行っている時に刀で斬りつけるなど、横暴な行為も多い。「うさぎ道場」には目をつけている。

登場作品

サムライうさぎ

15歳のまだ若い武士の夫婦が開いた道場を中心にした時代劇。農民や下級武士からの視点で、江戸末期の武家のプライドや、武士としての生き方、武士道への懐疑を描いている。 関連ページ:サムライうさぎ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
宇田川 伍助
摂津 正雪
場所
その他キーワード
流人
logo