宇留木 智

宇留木 智

幻影博覧会(漫画)の登場人物。読みは「うるき さとし」。

登場作品
幻影博覧会(漫画)
正式名称
宇留木 智
ふりがな
うるき さとし
関連商品
Amazon 楽天

概要

名家・宇留木家の三男で、松之宮遥の弟にあたる。学業は優秀だが病弱で床に臥せっていることが多い。松之宮の腹違いの弟であり、松之宮のことを深く慕いつつも、松之宮の母親の死後、自分の母親がすぐに後添えとして宇留木家に入ったことに松之宮が反発し、宇留木を名乗らなくなったのではないかと心配している。

登場作品

幻影博覧会

大正時代の東京で探偵業を営む松之宮遥は、あるとき恩師に紹介された高苑真夜という少女を助手として雇い入れる。非常に聡明な真夜は、ときに松之宮が舌を巻くような推理を見せ、松之宮のもとに寄せられる依頼の調査... 関連ページ:幻影博覧会

SHARE
EC
Amazon
logo