宇論堂

栞と紙魚子(漫画)シリーズに登場する古書店。読みは「うろんどう」。

  • 宇論堂
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
栞と紙魚子(漫画)
正式名称
宇論堂
ふりがな
うろんどう

総合スレッド

宇論堂(栞と紙魚子)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

紙魚子の家で経営しており、一般の書店には出回っていないような奇妙な本ばかり並んでいる。紙魚子によれば、本の品揃えは父親の好みだという。

関連キーワード

『栞と紙魚子』の舞台となる架空の町。栞と紙魚子が住んでおり、町のいたるところに奇妙なスポットがある。現実の井の頭公園周辺をモデルとしているようで、町には胃の頭公園があり、「胃の頭駅」の周辺には「身肩台...

登場作品

仲のいい普通の女子高生ふたり組が、胃の頭町に住む奇妙な住人たちと出会い、時には命の危険も伴うような怪奇現象と遭遇していく。怪事件に遭遇した人物から相談を受け、原因を調べたり事件そのものを解決する立場と...