宇賀神 尚見

宇賀神 尚見

群青(漫画)の登場人物。読みは「うがじん なおみ」。

登場作品
群青(漫画)
正式名称
宇賀神 尚見
ふりがな
うがじん なおみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

元高校駅伝のエースランナー。朝練の最中にトラックにひかれ、左脚を失って義足になる。以降、ランナーとしての道を断念し、当時の全ての想い出の品を焼却。一度は入水自殺を試みる。駅伝を前世と言い切るようになってからは、存在しない左脚が痛む、幻肢痛に悩まされ続けている。大人になってからは音無女学館の教員に就任。

彼女に憧れる蓬原道が学校に来て駅伝部を作りたいと言うのを断り続けるも、道の熱意におされて、一週間で5人部員を集めたら部の設立を認める、と約束する。

登場作品

群青

幼いころ、高校駅伝のエース宇賀神尚見に憧れていた少女、蓬原道。彼女は10年ぶりにケニアから帰国し、宇賀神尚見が教師を務める音無女学館に入学する。ところが学校には陸上部も駅伝部もなく、宇賀神は走ることを... 関連ページ:群青

SHARE
EC
Amazon
logo