宇野 初子

宇野 初子

赤い文化住宅の初子(漫画)の主人公。読みは「うのはつこ」。別称、ハツコ。宇野 克人とは親族関係にある。

登場作品
赤い文化住宅の初子(漫画)
正式名称
宇野 初子
ふりがな
うのはつこ
別称
ハツコ
関連商品
Amazon 楽天

概要

下村中3年1組で母は他界、父は蒸発中。中学生ながら家計を助けるため、ラーメン屋で皿洗いのバイトをしている。家には電話もテレビもない。健気でひたむきだがどんくさいところがあり、風邪で早退する際にも補導されそうになったり、公園で栄子さんというおばさんに新興宗教清魂会のホームに連れて行かれたりする。

中学卒業後は工場でバイトし始め、ビスケの割れたのをもらって公園デートで三島くんと食べたりする。家や家族がなくなることを何より恐れている。生まれたときから住んでいる文化住宅が父の焼身自殺で燃えたのを機に、兄について大阪に行くことに。

関連人物・キャラクター

宇野 克人

宇野初子の兄。高校中退の社会人。東高に進学しようとしていた初子を諦めさせ、中学卒業と同時に働くよう仕向ける。二言目には自分に何も期待するなと言う。酒を飲み、デリヘルを呼ぶ金はあっても、妹を高校に通わせ... 関連ページ:宇野 克人

登場作品

赤い文化住宅の初子

社会的弱者のシビアな現実を、シュールながらユーモラスに描くサブカル・個性派作品。セリフはすべて方言。全4部構成で、『赤毛のアン』『十五少年漂流記』『シンデレラ』などをもじった筋立てになっている。 関連ページ:赤い文化住宅の初子

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
宇野 克人
logo