安田 栗之介

安田 栗之介

いろはにほう作(漫画)の登場人物。読みは「やすだ くりのすけ」。

登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
安田 栗之介
ふりがな
やすだ くりのすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

色埴ほう作の従兄弟で安田家の次男。ほう作のことを最初は哲学や人生を語りたいと期待していたが、いざ対面するとそのアホな容姿と言動に失望する。ほう作も通うことになる世田谷区立大中小学校では「栗之介様」と呼ばれる秀才だが、学内でも何かとほう作に振り回される。それでも彼を見捨てられず、宿題の手伝いをすることもあった。

後半は阿比留猛豪徳寺経堂の方がほう作との絡みが多くなり、栗之介はしだいに影が薄くなる。須田日和が彼女だが、一緒にほう作のアホさに巻き込まれることも多い。

関連人物・キャラクター

色埴 ほう作

九州の馬尻村出身で、小学5年生のときに東京の安田家に居候する。コピーライターやデザイナー志望だが、言葉は強い博多弁で、自分のことを「あて」と呼ぶ。頭にはカッパのような丸いハゲがあり、興奮すると「うずり... 関連ページ:色埴 ほう作

須田 日和

ほう作や栗之介の同級生で、栗之介の彼女でもある、物語初期のヒロイン。ほう作が惚れてアタックしたことがあるほか、阿比留にも好かれていた。原宿ではアダルトビデオらしきスカウトに引っかかったこともある。黒田姫子が上京したからはヒロイン交代で出番は激減。小学校の卒業式や中学校の入学式では姿を見せていた。

関連キーワード

世田谷区立大中小学校

世田谷区にある小学校で、九州から転校してきたほう作や姫子もこの小学校で学ぶ。屋外にプールがあるけれど、冬は水が抜かれている。ほう作たちの卒業式は第51回卒業式と看板に書かれていた。

登場作品

いろはにほう作

コピーライターを目指す少年色埴ほう作の、小学校5年生から中学入学までの生活を描く。最終章は「天才の章」と呼ばれており、ほう作が本物のアホから本物の天才へと変貌する。一発ギャグが多く出てくるのが特徴。 関連ページ:いろはにほう作

SHARE
EC
Amazon
logo