安藤 小夜子

安藤 小夜子

あんどーなつ(漫画)の登場人物。読みは「あんどう さよこ」。安藤 達彦、安藤 奈津、一ツ橋 あやめとは親族関係にある。

登場作品
あんどーなつ(漫画)
正式名称
安藤 小夜子
ふりがな
あんどう さよこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

奈津の母で旧姓は湯川。一ツ橋あやめと大住(佐嶋)喜八郎の間に生まれた子。茶道家元である一ツ橋流の娘が、親無し子を産むという醜聞を避けるため、出生後すぐに一ツ橋流の湯川花江の元へ里子に出される。その後大学時代に達彦と出会い、卒業後に結婚。しかし生来体が弱く、奈津を出産後に死亡する。

茶道に興味を持ち、高校大学と茶道部に所属。実の親から託されたという高麗の井戸茶碗は、重要文化財クラスの逸品で3億は下らない値がつくと言われている。小夜子はこれを奈津が成人し、就職したら渡すよう託けていた。

関連人物・キャラクター

安藤 達彦

奈津の父。大住物産の社員であったことから転勤が多く、奈津を故郷福井の母の元に預けていた。大住物産会長、大住喜八郎の命でボストンへ海外赴任。奈津の専門学校の卒業式に出席すべく、空港へ向かっていたところ乗... 関連ページ:安藤 達彦

安藤 奈津

髪を二つにしばった髪型。専門学校を優秀な成績で卒業し、菓子職人を目指していたが、有名菓子店へは就職できず、職が決まるまで満月堂で住み込みのアルバイトをすることになった。和菓子にかける熱心さが、梅吉はじ... 関連ページ:安藤 奈津

一ツ橋 あやめ

全国に多くの門下を持つ、一ツ橋流茶道の家元。大柄な女性。茶道の心得はないが、細やかな気遣いができる奈津を見初めて弟子に取る。後に奈津が持ち込んだ井戸茶碗から、自分の娘の子、孫であることが判明する。大住... 関連ページ:一ツ橋 あやめ

登場作品

あんどーなつ

安藤奈津が浅草の老舗和菓子店で、師匠や周囲の人々に見守られながら一人前の職人に成長する物語。季節の和菓子やその由来、茶の湯などの日本文化なども交えて紹介する。原作者西ゆうじ死去のため、全20巻で未完。 関連ページ:あんどーなつ

SHARE
EC
Amazon
logo