安藤 玲一

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「あんどう れいいち」。

  • 安藤 玲一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
安藤 玲一
ふりがな
あんどう れいいち

総合スレッド

安藤 玲一(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

身長2メートルを超える巨漢で、見た目に恐ろしい風貌の持ち主。範馬勇次郎とは古い知り合いで、範馬刃牙とも面識がある。夜叉猿が住む山に山岳監視員として駐留。夜叉猿の恐ろしさを深く知り尽くしている。特訓に訪れた刃牙をあたたかく迎えるが、夜叉猿に挑もうとする刃牙を必死に止めた。

モデルはアンドレ・ザ・ジャイアントと思われる。

登場人物・キャラクター

範馬刃牙の父親であり、北極熊を素手で葬るなど人智を越えた強さを持ち、「地上最強の生物」と恐れられる。力を込めると背中の打撃用筋肉が怒張し、鬼の貌を思わせる形となることから鬼(オーガ)と呼ばれることも。...
『グラップラー刃牙』に登場するオスの霊長類。代々飛騨の山奥に住む霊長類一族の末裔であり、強さを求める範馬刃牙に挑戦された。全身を覆う筋肉と毛皮により、対人間用の格闘技を受け付けない。野生動物ならではの...
我流の格闘術を使う男子高校生。実戦空手団体・神心会が開いたフルコンタクト(直接身体に打撃を当てる)系空手の日本一を決める選手権大会において、外部の人間であるにも関わらず優勝したことから、格闘家たちの注...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...