完璧な世界の卵

ベルセルク(漫画)の登場人物。読みは「かんぺきなせかいのたまご」。

  • 完璧な世界の卵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルセルク(漫画)
正式名称
完璧な世界の卵
ふりがな
かんぺきなせかいのたまご

総合スレッド

完璧な世界の卵(ベルセルク)の総合スレッド
2016.07.17 07:13

概要

『ベルセルク』に登場する魔物。法王庁管轄の断罪の塔の下にあるゴミ溜めで育った、誰にも知られず何者でもなかった者。ベヘリットを拾い、自身を囲む世界と引き換えに完全なる世界の孵化を望み、使徒となった。ベヘリットに足の生えたような他の使徒とは一線を画した奇妙な姿をしている。ガッツキャスカに惹かれるように死霊たちが断罪の塔に多数押し寄せ、人々が阿鼻叫喚の大混乱を起こす中、満足気な笑みを浮かべて割れ、グリフィスを孵化した。

登場人物・キャラクター

傭兵集団・鷹の団の団長。幼き日に夢見た自身の国を得るという夢を叶えるために鷹の団を結成した。大国・ミッドランド王国に肩入れし、隣国のチューダー帝国との百年戦争で休戦協定を結ばせるほどに活躍。貴族となり...

関連キーワード

人の顔が乱雑に配置された卵のような物体で、ある条件によりその力を発動させると使徒を統べる魔物・ゴッド・ハンドを呼び出す。そして、使用者が自身の半身とも言える大切なものを生贄として捧げることで、降魔の儀...

登場作品

世界観全体的な世界設定本作の舞台は機械的な文明がそれほど発達していない中世ヨーロッパのような世界観がモデルとなっており、石造りの建物や深く広大な新緑の森、切り立った山々などが頻繁に描写されている。人々...