宍戸蕃六

斬殺者(漫画)の登場人物。読みは「ししどばんろく」。宮本武蔵とはライバル関係。

  • 宍戸蕃六
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
斬殺者(漫画)
正式名称
宍戸蕃六
ふりがな
ししどばんろく

総合スレッド

宍戸蕃六(斬殺者)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

宮本武蔵との対決に敗れた、宍戸梅軒の息子。父親の仇として武蔵を狙い、無門鬼千代と共闘するも果たせず。かえって鬼千代の卑怯ぶりに呆れ、斬り合いに割って入ったロザリアお吟を慕うようになる。以後、切支丹となり、お吟と行動を共にした。

登場人物・キャラクター

友人の吉岡又七郎が宮本武蔵に殺されたのを切っ掛けに、勝ためにはどのような卑劣な手段でも使う外道剣に目覚める。何度も武蔵を狙うが果たせず。西班牙人のヴィスカイノを師にして、混血剣法を会得した。武蔵を慕う...
天下に名高い剣豪。無門鬼千代を上回る、外道剣の体現者。何度も襲ってくる鬼千代を、軽くあしらう。自分を慕うロザリアお吟の、崇高な心に触れ、外道剣を捨てて、剣聖の道を歩んだ。歴史上の実在の人物、宮本武蔵が...
父親が西班牙人で、碧眼を持つ。敬虔な切支丹。長崎で出会った宮本武蔵に基督の姿を見て、一途に慕う。無門鬼千代との因縁から、何度も貞操の危機に陥った。自分の身体を目当てにしていた西班牙人のヴィスカイノが、...

登場作品

江戸時代初期。友人の吉岡又七郎が宮本武蔵に殺されたのを切っ掛けに、無門鬼千代は、どのような卑劣な手段を使っても、剣は勝てばいいと思い定めた。天下の剣豪になった武蔵を狙う鬼千代だが、一方で、武蔵を慕う切...