定岡 正二

定岡 正二

江川と西本(漫画)の登場人物。読みは「さだおか しょうじ」。

登場作品
江川と西本(漫画)
正式名称
定岡 正二
ふりがな
さだおか しょうじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

西本聖と同学年の野球選手。鹿児島実業高校3年生の時、夏の甲子園大会で投手として活躍。端正で甘いマスクの持ち主であることからアイドル的な人気に火がついた。特に原辰徳が中軸を打った東海大相模との熱戦は語り草となっている。華のある選手を好む長嶋茂雄監督の押しもあり、昭和49年のドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名され入団。

「定岡ブーム」を巻き起こす。一方、ドラフト外入団の西本聖は入団会見で球団からもマスコミからも完全に黙殺され、一位入団の定岡正二との扱いに大きな差をつけられた。実在の元プロ野球選手定岡正二をモデルとする。

登場作品

江川と西本

プロ野球球団読売ジャイアンツでエースの座を競い合った「怪物投手」・江川卓と「雑草投手」・西本聖。ふたりのライバル伝説をその幼少時から描いた実録野球漫画。 関連ページ:江川と西本

SHARE
EC
Amazon
logo