宝砂

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。読みは「ほうさ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
宝砂
ふりがな
ほうさ

総合スレッド

宝砂(最終戦争シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

野郎国の姫。心臓に寄生虫がつく風土病で、数カ月の命と思われていた。西の22の難民が来た際に、大槻真砂流と恋仲になる。野郎国で真砂流と共に尾鷹星野たちの助けを待っていたが、容体が急変したため心中。だが、黄泉の王に助けられて洗脳され、バ・タール・ナガルコットの部下としてカトマンズに現れた。

真砂流に救出されて真砂流の子を身ごもるが、再度ナガルコットに捕まり、伊津原永都をおびき出す人質にされている。永都の代理の真砂流によって救出された。

登場人物・キャラクター

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『逢魔街道編』『風の智天使』の主人公。1955年生まれ。早くに母を失う。15歳で父親も死亡。引き取り先で揉めたが、単球性白血病で死亡する予定だったため尾鷹星野に連れ...

登場作品

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく...