宝蔵院 胤栄

宝蔵院 胤栄

剣の舞(漫画)の登場人物。読みは「ほうぞういん いんえい」。

登場作品
剣の舞(漫画)
正式名称
宝蔵院 胤栄
ふりがな
ほうぞういん いんえい
関連商品
Amazon 楽天

概要

宝蔵院の院主で、疋田文五郎柳生新左衛門宗厳が宝蔵院で試合をした際、立会人を務めた。僧侶ではあるが槍の名手で、宝蔵院流槍術の開祖である。作中では描かれていないが、後に宗厳と共に上泉伊勢守秀綱に弟子入りした。同時代の実在人物宝蔵院胤栄がモデルとなっている。

登場作品

剣の舞

時は戦国時代。貧しい農村に生まれ育った少女ハルナの家を、戦のどさくさに紛れて略奪を繰り返す武士の一段が襲撃。ハルナは彼らから暴行を受けるだけでなく、家族を皆殺しにされてしまう。武士らが寝ている隙に金を... 関連ページ:剣の舞

SHARE
EC
Amazon
logo