実渕 玲央

実渕 玲央

黒子のバスケ(漫画)の登場人物。読みは「みぶち れお」。別称、夜叉。

登場作品
黒子のバスケ(漫画)
正式名称
実渕 玲央
ふりがな
みぶち れお
別称
夜叉
関連商品
Amazon 楽天

概要

洛山高校二年生のバスケ部部員。ポジションはシューティングガード。背番号は6。中学時代は無冠の五将の一人「夜叉」と呼ばれた名シューターで、中学時代の日向がシュートの手本にしたほど効率の良いフォームを身に着けている。中性的な風貌の上に女言葉で話すいわゆるオネエキャラで、葉山からは「レオ姉」と呼ばれている。

関連人物・キャラクター

無冠の五将

『黒子のバスケ』に登場する、五人のバスケ選手の通称。中学時代、それぞれ別のチームながらキセキの世代とも渡り合うことができた逸材として知られている。キセキの世代の一学年上。 関連ページ:無冠の五将

赤司征十郎

洛山高校一年生のバスケ部主将。ポジションはポイントガード。背番号は4。中学時代、キセキの世代と呼ばれた天才プレイヤーをまとめる主将を務めた。相手選手の状態を見抜く「天帝の眼(エンペラー・アイ)」によっ... 関連ページ:赤司征十郎

登場作品

黒子のバスケ

世界観現代日本の、黒子テツヤが所属する私立誠凛高校が置かれている東京都が主な舞台となっている。登場する学校等は架空のものだが、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)が行われる東京... 関連ページ:黒子のバスケ

SHARE
EC
Amazon
logo