実

雄飛(漫画)の登場人物。読みは「みのる」。

登場作品
雄飛(漫画)
正式名称
ふりがな
みのる
関連商品
Amazon 楽天

概要

大垣組の構成員の若者。大垣雄飛を弟のようにかわいがっている。腕力が強く、酔っ払うと街灯などに腕だけで上ってヒューマンフラッグを行い、背中にある孔雀の入れ墨を見せびらかす癖がある。

関連人物・キャラクター

大垣

大垣組の親分で、強きを挫き弱きを助ける人情派の侠客。やくざにさらわれた奥野まち子を助け、現場で戦っていた11歳の大垣雄飛と知り合う。ふたりの息子がいたが、戦争で失っている。雄飛に息子たちの面影を見てお... 関連ページ:大垣

大垣 雄飛

昭和15年に満州で生まれる。6歳で満州から引き揚げる際に母・柴田とよと姉・柴田百合を日本人の男に殺され、男への復讐を誓う。親類の家に預けられるが、そこで下男同然に扱われたため脱走、浮浪児となる。その後... 関連ページ:大垣 雄飛

登場作品

雄飛

大垣雄飛は、満州で生まれ育ったが、引き揚げの際、日本人の男に母と姉を殺され、その恨みをいつか晴らそうと心に誓っていた。成長した雄飛は紆余曲折を経てプロボクサーへの道を歩み始めるが、とあるボクシングジム... 関連ページ:雄飛

SHARE
EC
Amazon
logo