室戸 十兵衛

室戸 十兵衛

影狩り(漫画)の主人公。読みは「むろと じゅうべえ」。影とはライバル関係。

登場作品
影狩り(漫画)
正式名称
室戸 十兵衛
ふりがな
むろと じゅうべえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

影狩り三人衆のリーダー格の中年男。鋭い眼差しで、もみ上げまでつながる顎ひげと口ひげを生やしており、服装はたいてい黒い着物に真っ黒な合羽を羽織っている。神道無念流皆伝で、いかなる状況でも動ぜずに敵を倒す剛速の剣の使い手。かつては越後一条の森家で幼君・輝若の側仕えをしていたが、と幕府に内通した家老大渕左衛門の陰謀で輝若は切腹を命ぜられ、森家は断絶し室戸十兵衛は浪人となった。

幼君切腹の際に介錯を行った十兵衛は、幼い主君の首をはねた罪の意識から、以後、男性機能が不能となった。浪人となってから、幕府の理不尽な取潰し政策を憎み、一矢報いようと「影狩り」を始める。の絡んだ誘拐事件で日光月光と組むこととなり、以後三人衆となる。

の恐ろしさを知るため十兵衛は非常に用心深い。将棋が趣味で、月光とよく宿で指している。

関連キーワード

『影狩り』に登場する集団。財政危機に陥った徳川幕府が、取潰しによる領地没収で窮地からの打開を謀り、取潰しの理由である大名の些細な落ち度を探索・捏造するため、諸藩に送り込むお庭番(忍者)・公儀隠密のこと... 関連ページ:

登場作品

影狩り

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で状況の打開をはかる。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府は影と呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。影の暗躍から自藩を守... 関連ページ:影狩り

SHARE
EC
Amazon
logo