宮戸川 勇翔

ビーンボール(漫画)の登場人物。読みは「みやとがわ ゆうしょう」。別称、宮戸川。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ビーンボール(漫画)
正式名称
宮戸川 勇翔
ふりがな
みやとがわ ゆうしょう
別称
宮戸川
別称
宮司

総合スレッド

宮戸川 勇翔(ビーンボール)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

幼い頃から富士鷹桜を見守ってきた、奥多摩神社の宮司。娘の宮戸川奈歩(みやとがわ なほ)は富士鷹の幼なじみ。髪が金髪で周囲の子たちからいじめられていた富士鷹を、息子のようにかわいがってきた。彼が沖縄の祖父のもとから戻って、宮戸川に「野球を教えてくれ」と頼んできたときは古いピッチングマシンを用意して、裏山で彼を鍛え上げた。

富士鷹桜の母親である富士鷹舞(ふじたか まい)にほのかな好意を寄せていたようでもある。

登場作品

メジャーリーグのボストン レッドシューズとのプレシーズンゲームで大敗していた東小金井アーセナルズ。その中で、ただ一人熱いプレイで観客を沸かせていた富士鷹桜。彼は自分と母親を捨てたアメリカ人の亡き父親と...