宮本 武蔵

YAIBA(漫画)の登場人物。読みは「みやもと むさし」。別称、ムサシ。

  • 宮本 武蔵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
YAIBA(漫画)
正式名称
宮本 武蔵
ふりがな
みやもと むさし
別称
ムサシ

総合スレッド

宮本 武蔵(YAIBA)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

約400年前に活躍し、伝説とまで言われた無敗の剣豪。400歳を超える高齢だが盛んな老人で、スケベ根性や食い意地は人一倍強い。体も二等頭となったりと老化はしているものの、軽快な動きを見せる。伝説のサムライだけが抜けるとされる雷神剣を見守っており、それを抜いた鉄刃に稽古をつけることになる。

「勝負は勝てばいい」をモットーにしており、その老練な狡猾さで何度かたち一行を救う。昔は八頭身の美形で、正々堂々とした闘いを望む若武者だったが、その時代にタイムスリップしたにより精神的に変化が起こってしまう。また、スケベな性格の鱗片はその当時から見えており、が「未来には(着物が)ミニのお姉ちゃんがいっぱいいる」というセリフが、長命の元となっている。

実在した剣豪宮本武蔵をモデルとしている。

登場人物・キャラクター

天下一のサムライを目指す少年。天真爛漫で直情的な性格。登場時は初めて見る女性を珍しく思うだけだったが、次第次第にスケベになっていく。ジャングルで修業を積んでいたが思わぬアクシデントにより来日、その後は...

関連キーワード

握ればいかづちが乱れ飛ぶと言われる魔剣。伝説のサムライのみが抜くことが出来るとされ、無敗の剣豪・宮本武蔵が400年もの間見守り続けていた。不届きものが触れると雷が落ち、また常人が触ると意識を雷神に乗っ...

登場作品

天下一のサムライを目指してジャングルで修行をするやんちゃな少年鉄刃とその父鉄剣十郎は、ある日獣に襲われて輸出用のパイナップルの箱に隠れていたところ、そのまま気づかれずに日本へと送られてしまう。鉄父子は...