宮沢 鬼龍

宮沢 鬼龍

TOUGH(漫画)の登場人物。読みは「みやざわ きりゅう」。

登場作品
TOUGH(漫画)
正式名称
宮沢 鬼龍
ふりがな
みやざわ きりゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ある意味では裏の主人公とも呼べる存在。灘神影流活殺術の使い手であり、宮沢尊鷹の実弟で、宮沢静虎の双子の兄。宮沢熹一にとっては、血縁はないが叔父にあたる。百万人に一人と言われる脚質、龍腿(ドラゴン・フット)をはじめとする超人的身体能力と、IQ200という極めて高い知能、古今東西の哲学・芸術に精通する教養を兼ね備えた男。

宮沢静虎とは正反対の性格で、冷酷、非情、躊躇いなく人を殺し、歯向かう者には容赦しないことから、悪魔、怪物を超えた怪物の異名をとる。ただ、無闇な殺生や残虐行為を好むわけではなく、彼は自身の価値観(過激ではあるが意外とまともである)に基づいて行動しているだけであり、その圧倒的な力が向けられる先も戦う術(武力、権力、金など)を持つ者が主体で、無抵抗の一般人を襲うことはない。

また、兄弟に対しては極めて険悪な態度をとるが、甥の宮沢熹一や実の息子であるマーシオ“ジェット”内藤には彼なりの親族的愛情を有している。灘神影流の使い手ではあるが、あまりにも強すぎるため、それを披露する相手はほとんどいない。

彼が本気で闘った相手は宮沢静虎宮沢尊鷹だけである。作中では終盤に、ファントム・ジョー(金城剣史)、横山春草に敗北する姿が描かれているが、宮沢尊鷹曰く「勝つつもりがない」戦いだったとされ、最強の格闘家として君臨し続けた。

登場作品

TOUGH

父の宮沢静虎と、その兄の宮沢鬼龍の死闘から2年。実戦的古武術流派である灘神影流活殺術の第15代当主となった宮沢熹一は、廃人と化した父親の治療費を捻出するため、闇試合(ダークファイト)に出場。様々な格闘... 関連ページ:TOUGH

SHARE
EC
Amazon
logo