宮田 一郎

はじめの一歩(漫画)の登場人物。読みは「みやた いちろう」。幕之内一歩とはライバル関係。

  • 宮田 一郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
はじめの一歩(漫画)
正式名称
宮田 一郎
ふりがな
みやた いちろう

総合スレッド

宮田 一郎(はじめの一歩)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

川原ジムに所属する、日本フェザー級のプロボクサー。ボクシング元・東京太平洋チャンピオンの父にあこがれ、幼少期からボクシングに携わり、デビュー前からアマチュアでは名の通った存在だった。トレーナとなった父とともに鴨川ボクシングジムに所属していたが、デビュー寸前に行った幕之内一歩とのスパーリングでKO負けを喫し、川原ジムへと移籍する。

普段は非常にクレバーに務めているが、芯は熱く、戦いから逃げることを嫌う。その性格はボクシングスタイルにも現れ、アウトボクサーでありながらも、インファイトでの戦いも好む。必殺技は、クロスカウンターやJOLTと呼ばれるカウンターなどがある。

登場人物・キャラクター

鴨川ボクシングジムに所属する日本フェザー級のプロボクサー。高校時代、同ジムのプロボクサー鷹村守と出会ったことがきっかけで、ボクシングの道を進むようになる。幼い頃から、実家の釣り船屋を手伝っており、船上...

関連キーワード

『はじめの一歩』に登場する必殺技。 通常のカウンターパンチよりも体重を乗せて放つ宮田一郎のフィニッシュブロー。相手を一撃でKOできるほどの威力を持つが、逆にカウンターをもらった際には大きなダメージを負...

登場作品

世界観幕之内一歩や鷹村守が所属する鴨川ボクシングジムが主な舞台。試合で使用される会場のほとんどが実在の施設であり、後楽園ホールや両国国技館など、ボクシングにゆかりのある試合会場が登場する。また、東日本...