宮藤 武晴

宮藤 武晴

デラシネマ(漫画)の主人公。読みは「くどう たけはる」。

登場作品
デラシネマ(漫画)
正式名称
宮藤 武晴
ふりがな
くどう たけはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本映画株式会社(日映)所属の大部屋俳優。物語開始時点では入社一週間の新人り。初めての現場で段取りを無視し、スター・市岡歌蔵に斬りかかったことで一時は干されてしまう。その後、殺陣の名手奥村の稽古を受け復帰。殺陣の才能を見せ、「斬られ役」(カラミ)として頭角を現していく。その後、現代劇を増やすという日映の改革により、重要な役を得て、スターの座に躍り出ることとなる。

満州からの引き揚げ組で、幼い頃から満洲映画協会(満映)の撮影現場を遊び場としており、風間俊一郎とはそこで出会っている。左手にある火傷のあとも、そのころついたもの。また、少年時代、満州に出征中だった日映四天王のひとり・伊達源八から、殺陣の稽古を受けている。

登場作品

デラシネマ

昭和28年。戦後の日本映画黄金時代のなか、「てっぺん」を目指す二人の若者がいた。大部屋俳優の宮藤武晴と、フォース助監督の風間俊一郎。だが、宮藤は大御所である市岡歌蔵に殺陣の段取りを無視して切りかかった... 関連ページ:デラシネマ

SHARE
EC
Amazon
logo