宰相の君

宰相の君

暴れん坊少納言(漫画)の登場人物。読みは「さいしょうのきみ」。別称、藤原 豊子。

登場作品
暴れん坊少納言(漫画)
正式名称
宰相の君
ふりがな
さいしょうのきみ
別称
藤原 豊子
関連商品
Amazon 楽天

概要

定子に仕える女房。ジャージのような着物を着用し、手にはいつも「急急如律令」という陰陽道の呪文が書かれた笏を手にしている。梅壺では最古参の女房で、当初は破天荒な清少納言のことをうとましく思っており、隙あらば追い出そうとしていた。その後は少納言を認めるようになったが、彼女が何かしでかすとよく笏でツッコミのようにひっぱたいていた。

表向きは堅物な性格だが「ひいな遊び」というひな人形の家を2年かけて作製したり、「源氏物語」を愛読したり、藤原斉信に想いを寄せたりと、乙女チックな一面も見られる。実在した定子の女房である宰相の君と、彰子に仕えた女房の藤原豊子を意図的にミックスしている。

関連人物・キャラクター

定子

関白藤原道隆の娘で、一条天皇の第一皇妃。彰子が入内した際には中宮から皇后宮に奉り上げられた。自身が退屈しのぎで催した歌会にて、風流の素養が皆無の橘則光に見せ場を作った清少納言の機知を買い、彼女を自身の... 関連ページ:定子

清 少納言

本名の「清原諾子」は親兄弟や夫となる相手にしか明かせないが、橘則光はしばしば彼女を「諾子」と呼ぶ。歌人で中流貴族の清原元輔の娘。貴族の娘であるものの、和歌や風流ごとや恋愛ごとよりも漢籍を読んだり野山を... 関連ページ:清 少納言

藤原 斉信

内裏外周の警護を行う正四位下・右近衛中将の職に就いている。後に参議を兼ねて宰相中将(さいしょうのちゅうじょう)とも呼ばれる。橘則光と藤原宣孝の友人で、しばしば3人で行動を共にしている。藤原氏の嫡流であ... 関連ページ:藤原 斉信

関連キーワード

梅壺

『暴れん坊少納言』に出てくる舞台または組織。定子の住まう後宮で、庭に紅白の梅が植えられていたことからが梅壺と称された。定子に仕える女房たちのサロンも梅壺と呼ばれており、作中では清少納言、宰相の君、和泉... 関連ページ:梅壺

登場作品

暴れん坊少納言

女性に無縁な橘則光がお見合いした相手は、清原諾子というツンデレ気味な少女だった。お見合い自体は破談となるが、諾子が宮中での則光のピンチを救ったことをきっかけに、彼女は中宮定子に招かれて梅壺所属の女房に... 関連ページ:暴れん坊少納言

SHARE
EC
Amazon
logo