• 闘魔伝 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 宿祢相撲

宿祢相撲

宿祢相撲

闘魔伝(漫画)において、日本の国技として親しまれてきた大相撲を指す用語。読みは「すくねずもう」。

登場作品
闘魔伝(漫画)
正式名称
宿祢相撲
ふりがな
すくねずもう
関連商品
Amazon 楽天

概要

闘魔神が修める蹴速相撲に対して、大相撲の開祖が野見宿祢とされていることからこのように呼称される。作中では相撲界の重鎮が闘魔神と相対した際などに口にするだけで、一般に広まってはいない。

登場作品

闘魔伝

昭和51年、奈良・葛城山中で人知れず行われた大一番。それは、角界の至宝双葉花と、当麻蹴速の技を受け継ぐ異端の力士闘魔神〈先代〉との、二千年の歴史を背負った闘いであった。死力を尽くした闘いの末、勝利を得... 関連ページ:闘魔伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo