富井 万起夫

誰も寝てはならぬ(漫画)の登場人物。読みは「とみい まきお」。別称、マキオちゃん。

  • 富井 万起夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
誰も寝てはならぬ(漫画)
正式名称
富井 万起夫
ふりがな
とみい まきお
別称
マキオちゃん

総合スレッド

富井 万起夫(誰も寝てはならぬ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

オフィス寺所属のデザイナー。狛犬に似た風貌の暗い性格の男性。30歳前後。バスマニアであり、趣味は地方のバス路線乗り継ぎの旅。性格と作風が暗いことからデザイン会社を転々としていたが、紹介でオフィス寺に入社。見習いを経て、正社員に昇格した。しかし、正社員になっても事務所の面倒な雑務の大半を押しつけられている。

アルバイトのちゃんに気があるが、まったく相手にされていない。暗い作風が幸いして、ホラー小説の装幀で高い評価を得たこともある。名前の由来はWRCドライバーのトミ・マキネンから。

関連キーワード

『誰も寝てはならぬ』に登場するデザイン事務所。東京・赤坂にあり、ゴロちゃん(川村五郎)が社長を務めている。主要スタッフは6名ほど。赤坂の庭付き、幽霊付きの一軒家をオフィスとして格安で借りている。業界で...

登場作品

イラストレーター大路春樹は友人の川村五郎が経営する赤坂のデザイン事務所オフィス寺に所属している。オフィス寺には山田夏男らさまざまな人々が出入りするが、ひと癖もふた癖もある人ばかり。アラフォー男二人と周...