富士多 継雄

富士多 継雄

つるばらつるばら(漫画)の主人公。読みは「ふじた つぎお」。

登場作品
つるばらつるばら(漫画)
正式名称
富士多 継雄
ふりがな
ふじた つぎお
関連商品
Amazon 楽天

概要

幼い頃から、細い道とバラの垣根、石段と木のドアのある家の夢を見ていた。性同一性障害の傾向を持ち、10歳の頃、自分の女性的な行動が父母に心配をかけているという自覚を持ち、男性的に振舞おうとする。しかし中学で布田一成に手ひどい振られ方をして自殺未遂をして以来、開き直って思うままに生きるようになる。

自殺未遂でこん睡状態になった時に聞いた謎の声により、いつも夢に見ていた家は自分が前世「たよ子」という名の女性だったときに夫と住んでいたところであることを確信、その家を探しだそうと決意する。

登場作品

つるばらつるばら

性同一性障害を持つ男性の主人公が、自分の前世の夫を探す半生を描いた作品。 関連ページ:つるばらつるばら

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
logo