富士鷹 桜

富士鷹 桜

ビーンボール(漫画)の主人公。読みは「ふじたか さくら」。別称、富士鷹。

登場作品
ビーンボール(漫画)
正式名称
富士鷹 桜
ふりがな
ふじたか さくら
別称
富士鷹
関連商品
Amazon 楽天

概要

プロ野球球団東小金井アーセナルズに所属するプロ野球選手。入団テストに合格するも、当初は一軍の試合に出られない育成枠だったが、メジャーリーグのボストン レッドシューズとのプレシーズンゲームでの活躍で注目を集める。背番号は当初111番だったが、後に99番になる。父親はアメリカを代表するメジャーリーガー、故ジョー・ディオールで母親は日本人。

父親が妻子を捨てたと思い込んでいたため、富士鷹はアメリカへの敵愾心が強い。身体能力はプロの一軍級だが、ずっと一人で練習していたため、当初は人間の投げる球を打てなかった。だが、同じ育成枠だった高木投手の指導を受けて、選手としての能力を開花させた。その後、オーナーが「客を呼べる選手」だとして開幕一軍に抜擢。

当初はポッと出の育成上がりだったため、チームの不和を招くが、やがてその実力を開花させてオールスター戦ではMVPに輝き、チームの優勝にも貢献。2017年にはメジャーリーガーとして活躍するようになった。

登場作品

ビーンボール

メジャーリーグのボストン レッドシューズとのプレシーズンゲームで大敗していた東小金井アーセナルズ。その中で、ただ一人熱いプレイで観客を沸かせていた富士鷹桜。彼は自分と母親を捨てたアメリカ人の亡き父親と... 関連ページ:ビーンボール

SHARE
EC
Amazon
logo