寵 宗魄 浄雲

寵 宗魄 浄雲

天上天下(漫画)の登場人物。読みは「かご そうはく じょううん」。凪 宗一郎とは親族関係にある。

登場作品
天上天下(漫画)
正式名称
寵 宗魄 浄雲
ふりがな
かご そうはく じょううん
関連商品
Amazon 楽天

概要

赤羽十二宗家・寵家の現当主。凪真貴子顕悟の夫にして、凪宗一郎の父。赤羽十二宗家のすべてで殺戮の限りを尽くし、以来行方不明となっていた。過去に凪真貴子顕悟が持つ凶祓いの力を利用し、真の武を得ようとするも失敗。利用価値のなくなった凪真貴子顕悟のもとを去り、炬鉄人圓円など、異能の者を集めた新たな赤白の十二神将Fの黒幕として彼らを操り、再び自身の計画を遂行する。

寵家の死を操る能力を持つため、体の一部が残れば蘇る不死の存在。

関連人物・キャラクター

凪 宗一郎

統道学園に通う1年生で、『赤羽十二宗家』の眷族・凪家の長男。中学生時代からの親友にして悪友・ボブ牧原と共に、入学早々、学園内で乱闘騒ぎを起こすなど、かなりの問題児。その際、学園でも有数の武道部・柔剣部... 関連ページ:凪 宗一郎

登場作品

天上天下

武道に優れた者が集う統道学園を舞台に、異能の力を持つ者と持たざる者のバトルを描いた学園アクション漫画。 関連ページ:天上天下

SHARE
EC
Amazon
logo