寺井 洋一

こちら葛飾区亀有公園前派出所(漫画)の登場人物。読みは「てらい よういち」。

  • 寺井 洋一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
こちら葛飾区亀有公園前派出所(漫画)
正式名称
寺井 洋一
ふりがな
てらい よういち
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社) / 集英社文庫 コミック版(集英社)

総合スレッド

寺井 洋一(こちら葛飾区亀有公園前派出所)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

亀有公園前派出所に勤務する警察官。階級は巡査。メガネに小太りで、妻と二人の子供を持つ平凡な男性。はじめは勤務中に酔っぱらって昼寝をするなど不良警官の一員だったが、後に真面目な派出所一の良識派となる。堅実な性格で、両津からは「人生送りバント」と揶揄されている。

昔からマイホームを探しており、両津と共に物件めぐりを行ってるが、毎回不良物件をつかまされては不幸な目に合っている。後に丸井ヤング館と改名。

登場人物・キャラクター

亀有公園前派出所に勤務する巡査長。身長167cm、体重71kg、血液型はB型、誕生日は3月3日。台東区千束生まれで、実家はつくだ煮屋。父は両津銀次、母は両津よね、弟は両津金次郎、祖父は両津勘兵衛、その...

関連キーワード

両津らが勤務している。入口すぐにはデスクが二つあり、両津の席は内側から見て右側、左側は麗子の席。奥には台所と休憩室がある。幾度となく破壊されているが、そのほとんどがの原因は両津である。1994年、現実...

登場作品

世界観主な舞台は作品タイトルどおり東京都葛飾区亀有や、纏の実家で両津が板前として働く「超神田寿司」がある神田など、いわゆる東京の下町である。また、流行の発信地として、秋葉原や渋谷も舞台となることがある...