寺田 安太夫

寺田 安太夫

村上海賊の娘(漫画)の作品登場人物。読みは「てらだ やすだゆう」。別称、松浦 安太夫。

登場作品
村上海賊の娘(漫画)
正式名称
寺田 安太夫
ふりがな
てらだ やすだゆう
別称
松浦 安太夫
関連商品
Amazon 楽天

概要

寺田又右衛門の弟。前髪を上げて額を全開にしてちょんまげ頭にし、がっしりとした体つきをしている若い男性。兄の又右衛門とともに泉州半国触頭(ふれがしら)岸和田城主の松浦肥前守に仕えていたが、兄が松浦肥前守を暗殺したのを機に松浦家の養子となる。以後は泉州半国触頭となり「松浦安太夫」と名を改める。兄弟で力を合わせて、権力を手に入れたいと考えている。

登場作品

村上海賊の娘

時は戦国時代。織田信長をも震え上がらせた海賊の女性、村上景の戦いを描いた歴史コミック。「週刊ビッグコミックスピリッツ」'15年第37・38号から連載の作品。原作は和田竜の同名小説。 関連ページ:村上海賊の娘

SHARE
EC
Amazon
logo