寿楽寺 陣内

ちかいの魔球(漫画)の登場人物。読みは「じゅらくじ じんない」。

  • 寿楽寺 陣内
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちかいの魔球(漫画)
正式名称
寿楽寺 陣内
ふりがな
じゅらくじ じんない

総合スレッド

寿楽寺 陣内(ちかいの魔球)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大田原一郎を読売巨人軍にスカウト出来なかった二宮光久保田吾作が川上監督の指令を受けてスカウトした。町内草野球チーム「釜崎マタ負ケターズ」の投手。しかし、キャンプに向かう急行「西海」の食堂車で、二人が目を離した隙に謎の男が差し出した中日ドラゴンズとの契約書にサインをしてしまう。

事実を知った中日の濃人渉監督は巨人のキャンプ地を訪れ、川上監督にその契約は無効であると認める。寿楽寺陣内は尊敬する前年の新人王、権藤博のチームへの入団を希望し、中日ドラゴンズへと入団。背番号119番。剛速球を投げるものの、守備はゴロしか取れないことから投手失格、捕手としてデビューする。

その試合で二宮が投げたシュートをスタンドに叩き込んだ。

登場人物・キャラクター

静岡県浜松市出身。母親と別居し、叔父の家で働きながら学校へ通う。富士高校のエースとして甲子園を目指すが、その夢はライバル校の謀略に敗れる。その後、プロ球界からのスカウトで、昭和36年、巨人軍へ入団。左...

登場作品

魔球を投げる富士高校野球部エース二宮光とキャッチャーの久保田吾作は、地区予選でライバル校の謀略で出場辞退となってしまう。しかし、プロ球団からスカウトされ、読売巨人軍に入団。最初の魔球から新魔球、第三の...