寿水

陰陽師(漫画)の登場人物。読みは「じゅすい」。

  • 寿水
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陰陽師(漫画)
正式名称
寿水
ふりがな
じゅすい

総合スレッド

寿水(陰陽師)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

元は図書寮の役人の坊主。両親の病死をきっかけに、隠居がわりに出家。桂川近くの妙安時に籠って般若経の写経をしていたところ、百日余りすぎたところで怪異にあう。羅の単姿で妙に色っぽい口なし女が、夜毎現れるようになり、源博雅を通じて安倍晴明に相談。

登場人物・キャラクター

父は大膳大夫の安倍益材、母は人間ではなく、葛の葉という狐の子と噂される陰陽師。色白で長身、ポーカーフェイスで腹が読めないタイプ。貴族のたしなみもあり、万事対応がスマートで、一見友人の源博雅とは対照的。...

登場作品

平安時代、稀代の陰陽師安倍晴明はその友源博雅と共に毎度鬼や怨霊の絡む都の問題解決に当たりながら、それぞれの魂を成長させていく。