寿

異色列伝 怪力の母(漫画)の主人公。読みは「ひさ」。清水又太郎正秀とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
異色列伝 怪力の母(漫画)
正式名称
寿
ふりがな
ひさ

総合スレッド

寿(異色列伝 怪力の母)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

男ひとりを片手で持ち上げるほどの怪力と、敵に対し物怖じしない心の強さと、領民や子を思う慈愛、夫の留守を守る責任感を持ち合わせた娘。母としては時に厳しく、時に優しく子供達を育て上げる。海賊に襲われたことを機に、男達が合戦で居ない間、領地を守るために女水軍を作り上げる。この試みは失敗し、領民の信頼を失ったが、その後の振る舞いにより再び信頼を取り戻す。

夫は伊豆奥の郡代清水家当主清水康英

登場人物・キャラクター

清水家の長男。清水家嫡男として育つも、芸事に生きる事を望み、家を出奔する。流浪の最中、首代引受人と出会ったことで、京へ向うことを決意。戸部掃部の屋敷で絵を描くこととなる。後に、松永弾正久秀に召し抱えら...

関連キーワード

『異色列伝 怪力の母』に登場する一族。北条家より伊豆奥の土地を拝領し、郡代として治める、北条家直轄の武家。財政的には厳しいものの、武勇や武家としての矜持が高く、領民や臣下を大切にする一族として、や主君...

登場作品

戦国時代、伊豆奥を支配する郡代清水家に寿と言う娘が輿入れしてくる。寿は男ひとりを片手で持ち上げるほどの怪力と、敵に対し物怖じしない心の強さと、領民や子を思う慈愛、夫の留守を守る責任感を持ち合わせた娘だ...