射手座のアイオロス

聖闘士星矢(漫画)の登場人物。読みは「さじたりあすのあいおろす」。獅子座のアイオリアとは親族関係にある。

  • 射手座のアイオロス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖闘士星矢(漫画)
正式名称
射手座のアイオロス
ふりがな
さじたりあすのあいおろす

総合スレッド

射手座のアイオロス(聖闘士星矢)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

黄金聖闘士のひとりで、本来は人馬宮を守護する。獅子座のアイオリアの実兄。仁・智・勇に優れた聖闘士で、13年前にアテナが地上に降臨した頃に、当時の皇帝である牡羊座のシオンに時期皇帝に指名される。そして、彼を暗殺して皇帝に成り代わった双子座のサガに命を狙われたアテナを救出するが、聖域(サンクチュアリ)に対する反逆者という汚名を着せられ、追われることになる。

その果てに山羊座のシュラによって致命傷を受けるが、ギリシアに旅行で訪れていた城戸光政にアテナを孫娘の城戸沙織として育てるように託して絶命した。その高潔な魂は死後も射手座の聖衣に宿り、ペガサス星矢たちの絶体絶命の危機を、しばしば聖衣を装着させることで救っている。

そして物語の終盤である嘆きの壁の破壊の際には、魂が復活した黄金聖闘士たちの中心的な役割を果たしている。

登場人物・キャラクター

黄金十二宮を守護する黄金聖闘士のひとり。射手座のアイオロスの実弟。第1話よりその姿は登場しており、ペガサス星矢たちの実力を修行時代から認めていた。その後、城戸沙織がアテナの化身であることや、教皇の正体...
本作のヒロイン。13歳にしてグラード財団の実質的な代表を務めるが、その正体は戦いの女神・アテナの化身。13年前に赤子の姿で地上に降臨した際に双子座のサガに命を狙われたところを射手座のアイオロスに救われ...

登場作品

世界観ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。聖衣を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、漫画のみにとどまらず、様々な媒体で...