小人

小人

猫目小僧(漫画)の登場人物。読みは「こびと」。別称、小人さま。

登場作品
猫目小僧(漫画)
正式名称
小人
ふりがな
こびと
別称
小人さま
別称
マリ子
関連商品
Amazon 楽天

概要

『猫目小僧』の「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」に登場する人物。見かけだけ美しくて心の卑しい人間を、心にあった醜い姿に作り変えようとする妖怪百人会の会長。百人目のメンバーとして猫目小僧を勧誘する。背広を着た男として振る舞っていたが、正体はマリ子という双子の姉妹の妹。生まれつき小さな体で少しも大きくならないで、知能も発達せず、歩けもしなかったが、額に目が1つできてから、妖力を発揮するようになった。

美しい容姿の姉を嫉妬で憎んでおり、心が醜ければすぐにでも醜い顔にしてやりたいと思っていた。

関連人物・キャラクター

猫目小僧

大峰連山の山中で、300年に一度しか生まれない猫又の子として誕生する。難産のため母親は死亡した。大妖怪が生まれるはずの丙午の年だったが、人間に近い容貌をしており、妖怪一族に拒絶されて殺されそうになる。... 関連ページ:猫目小僧

関連キーワード

妖怪百人会

『猫目小僧』の「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」に登場する組織。会長は小人さまと呼ばれている。醜い姿ゆえに世間に迫害されたという記憶を持つ人間の集まりで、醜い心を持つ人間を醜い容姿に作り変えようと... 関連ページ:妖怪百人会

登場作品

猫目小僧

猫目小僧は大峰連山の山中で、300年に一度しか生まれない猫又の子として誕生したが、人間に近い容貌のため妖怪一族に拒絶され、人間の村に捨てられる。妖怪にも人間にも忌み嫌われながら一人旅を続ける猫目小僧は... 関連ページ:猫目小僧

SHARE
EC
Amazon
logo