小助

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「こすけ」。別称、くされ。

  • 小助
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
小助
ふりがな
こすけ
別称
くされ

総合スレッド

小助(忍者武芸帳 影丸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

影一族の一人で、本名は小助。飛騨国吉城郡の部落出身で、幼いころから動物の言葉を解し、家を出て穴熊と暮らすうちに穴堀りの技を覚えた。地中を移動できるほか、スカンクの臭気銃のような臭気をお尻から発射できるが、猛烈な体臭を持つという欠点もある。家に戻った時に仲間の穴熊を猟師に殺されたため再び家を飛び出し、少年時代の影丸の仲間になった。

登場人物・キャラクター

野武士を自称し、各地で起こる農民たちの土一揆を支援して、武士階級打倒の戦いを進める謎の忍者。無風道人から愛州陰流の陰の流れを受け継いだ弟子で、影分身など様々な忍びの術を駆使する。特殊能力を持つ男たちを...

関連キーワード

『忍者武芸帳 影丸伝』の組織。影丸が組織した精鋭忍者集団。7人のうち3人しか血縁者はいないが、影丸を通して全員が家族のような絆で結ばれている。三つ子の三つ以外は水中で活動できる岩魚、体から電気を発する...

登場作品

群雄割拠する戦国時代末期、親の仇坂上主膳を追う結城重太郎は謎の忍者影丸と出会う。虐げられる者のために戦う影丸と影一族は織田信長の天下統一の野望に抗って活躍し、坂上主膳が明智光秀の影武者になったことから...