小房の粂八

小房の粂八

鬼平犯科帳(漫画)の登場人物。読みは「こぶさのくめはち」。別称、粂八。

登場作品
鬼平犯科帳(漫画)
正式名称
小房の粂八
ふりがな
こぶさのくめはち
別称
粂八
関連商品
Amazon 楽天

概要

火付盗賊改方の密偵を務める青年。盗賊・野槌の弥平の配下で働いていた時に捕縛され、証言をしたことから罪を減じられて入牢。凶悪な野槌の弥平の一党の中にあっても殺人をしなかった心根を長谷川平蔵によって買われたことや、昔世話になった盗賊・血頭の丹兵衛に関する捜査を手伝うため、志願して密偵となった。

身が軽く、尾行や情報収集などの技術に長けている。裏社会の情報に詳しい。普段は深川・石島町の船宿鶴やの主として、旅人からの情報収集を行っている。

登場作品

鬼平犯科帳

天明七年九月十九日、折からの世情不安により凶悪化する江戸の犯罪を取り締まるため、火付盗賊改方の長官に就任した長谷川平蔵。剛毅果断な性格で、一刀流の腕も立つことから無頼漢から鬼の平蔵、略して鬼平と恐れら... 関連ページ:鬼平犯科帳

SHARE
EC
Amazon
logo